マンガ読者、アニメ視聴者を応援するサイトです。各種おすすめマンガ、アニメ情報をお届けします。あなたにあった作品を見つけませんか?

週刊少年ジャンプ新連載『仄見える少年』第1話詳細レビュー【新連載企画第2弾】

画像引用先:週刊少年ジャンプ公式サイトより

仄見える少年』は原作を後藤冬吾先生、漫画を松浦健人先生のタッグで送る漫画です。
新連載企画第1弾『BLEACH』作者久保帯人先生の『BURN THE WITCH』に続き第2弾新連載のなるこの作品は、どんな漫画となるのでしょうか。
第1話をストーリー、設定、セリフ、絵、キャラクターの5つの視点からレビューしていきたいと思います。

あらすじ

人助けが好きなヒロインには不思議な力があった
それは、危険を察知する能力
ヒロインはその能力を使い、人々を助ける生活を送っていた
そんなある日、見ず知らずの少年から、悪霊に取り付かれていると告げられる
怯えるヒロインと霊媒師と名乗る少年は、憑かれた現場である電車に乗り込むことに
しかし、そこには、憑かれている霊より遥かに多くの霊が!!
少年はヒロインが、悪霊に取り付かれやす体質であることに気づく
ヒロインは危険を察知していたのではなく、引き寄せていた悪霊の危険に気づいていただけ。助けるどころか周りを巻き込んでいたのだ……
打ちひしがれるヒロインに霊媒師の少年が告げる言葉は


ストーリー まだ特筆するべき点はない 今後の展開次第

ヒロインの能力、主人公の力、世界観を違和感なく説明できているストーリーとなっています。
良く言えば王道展開、悪く言えば見たことがある展開ですが、絵がいいのであまり気になりませんでした。
主人公とヒロインはお互いに自分が望んでいる生活とは、真逆の能力を持っています。
物語的には、それとどう折り合いをつけていくか、特に危険な能力を持っているヒロインが周りとの距離をどう取るのかに注目したいですね。
また、今後もヒロインは守られ続けるキャラクターとなるのか、自分でも戦えるキャラクターとなるのかは、重要なポイントとなってきそうです。

 
複雑そうな主人公、ヒロインの能力をどう扱うかが作品の面白さに関わってきそうだね

設定 定番の設定で理解しやすい 

霊を呼び寄せるヒロインと強力な霊を使役する主人公というのは、定番ながらも話の広がりを感じます
特にヒロインの危機を予測する能力が、実は自分が引き寄せた危機に気づいているだけというのは、いい設定ですね。
ちょっと予想を裏切られましたし、自然にヒロインを事件へ巻き込めます。
ただ、問題はそれ以外に作品の特徴を感じなかったことです。
最近、定番過ぎる作品はあまり受け入れられないので、どこで差別化を図るか注目したいですね。

 
こういった雰囲気の作品は『呪術廻戦』や『ぬらりひょんの孫』と比べられてしまうから、それらの作品との違いを示すことがポイントかなー

セリフ 文章量多め 人によっては読むのに疲れるかも

セリフと言いますか、文章量が多すぎます。
原因は必要以上に、キャラクターの個性を紹介しようとしていること。
ヒロインはわかりやすく人助けが好きな善人として描かれていますが、主人公はちょっと複雑な性格に描かれています。
その為、主人公の行動理由をいちいちセリフで説明することに……。全体的に絵で状況を説明するより、キャラクターに話させるクセがある様に感じますね。
もっと単純に絵や作品の雰囲気で読者の興味を引きつけてから、説明や紹介に移ったほうがいいと思います。
主人公の行動理由や行動原理などは確かに重要ですが、1話で説明しなくとも少し疑問に思わせる方が読み進めたくなりますし、後々に「なるほど」と思わせた方が、読者定着に繋がるのではないでしょうか。

 
1話で優先するのは、複雑な主人公の性格よりも物語の設定や雰囲気なんじゃないかなー
読むのに疲れちゃうよ

絵 画力は非常に高いが、迫力不足が否めない

全体的にコマ割りが微妙ですね。
特に、2ページ丸々使っての見開きがなかったことは非常に残念でした。
見開きに使ってよさそうなコマはいくつもあったのですが、なぜか1ページに収めてしまっています。総ページ数の都合?
絵の上手さ、タイミング、雰囲気が相まって見開きにすれば「おぉぉ!!」となりそうなシーンでも小さく描かれているので非常に勿体無いですね。

 
漫画より小説の方が向いていそうな雰囲気を感じるね

キャラクター 姉キャラがいい味を出している!! 更なる出番に期待

主人公、ヒロインのデザインは良くもなく悪くもないといった感じでしょうか。
主人公の姉はミステリアスな雰囲気実力者っぽい風格を感じるとてもいいデザインでしたね。
画力はとても高いので、これから登場するキャラクターにも期待できそうです。
しかし、キャラクターが呆然とした顔や驚いた顔、つまりデフォルメされた顔が微妙と言いますか古臭く感じてしまいました。
ヒロインが驚いている場面などは「漫画ドラえもんをリスペクトしているのか?」と思ってしまうことも。
崩しすぎて元のキャラクターがわからなくなっているので、もう少しなんとかして欲しいですね。

 
デフォルメされたキャラクターは『BURN THE WITCH』や『森林王者モリキング』とかがいい感じだよね

総合評価、全体的に微妙な点が目立ちます。
絵の良さや、理解しやすい設定から期待しているとの声も見受けられますが、名作にある様な雰囲気は感じない作品だと思いました。
このままの路線では、よくて5巻くらいの作品になるのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!