マンガ読者、アニメ視聴者を応援するサイトです。各種おすすめマンガ、アニメ情報をお届けします。あなたにあった作品を見つけませんか?

週刊少年マガジン新連載『獣の六番』1話詳細レビュー

画像引用元:週刊少年マガジン公式サイトより

獣の六番』は週刊少年マガジンで連載されていた作品『星野、目をつぶって。』作者「永椎晃平」先生が連載する新作になります。
ダークヒーローモノとのことですが、その作品のできはどうなのでしょうか。
第1話ストーリーキャラクターセリフ設定の5つの視点からレビューしていきます。

 
最近のジャンプ、マガジンの新連載の中じゃ一番面白かったよ

あらすじ

突如として世界に原因不明の事件、殺人が発生した
その謎の事件は、どれだけ調査しようと犯人が判明しない。そんな不安に苛まれる中、政府はある発表を出す。これらの事件は未知の生物が起こした事件であると……

それから15年後、ある秘密を抱えるヒロインは成績の悪さから勤務地を僻地の学校へと飛ばされてしまう。こんな僻地じゃ手柄を立てられないと落ち込むヒロインだったが、その学校で、カラダに多くの傷を負っている少年と出会う
不思議な雰囲気をまとう少年を気にかけるヒロインだったが、突如として15年前世間を騒がせた未知の生物に襲われることに……

この少年との運命の出会いが、僻地に飛ばされたヒロインを激動の渦に飲み込むこととなる

ストーリー 予想外の展開あり そこが凄く面白い

一言で言えば王道。しかし、それがいい味を出しています。読者が望むような展開にしつつ、要所要所で少し意外な点を加えているところなど非常に面白いですね。
特殊機関所属が主人公ではなくヒロインであった展開など、とても好きです。物語的には、ありきたりな展開ですが、途中までヒロインが一般人で主人公が特殊機関側だと思わせる話運びには、虚を突かれました。
また、展開が少しギャグよりなのも面白い点ですね。完全にギャグパートとなっているわけではなく、真面目な雰囲気を壊さない程度のギャグで読者を楽しませてくれます。
ただ、小ワザで王道展開を面白くしている部分があるので、今後もそれが続くのか心配。設定が王道なだけに、ありきたりな展開ばかりになってしまわないか注意が必要でしょう。

 
お前がそっち側なんかーい
思わず、叫んじゃったよ

絵 ヒロインに惚れてしまいそう

全体的に絵が上手いです。万人受けしそうな綺麗な絵を書いています。
ヒロインも非常に可愛らしいデザインをしており、1話ながら「このヒロインいいかも」と思わされました。
特に、ヒロインが主人公と初めて出会う見開きのページは、運命の出会いって雰囲気が滲み出ていて良かったですね。第1話って感じが凄く漂ってきます。
バトル漫画の醍醐味である戦闘描写もしっかりしており、迫力のある戦いが描かれていました。ただ、攻撃する描写より攻撃されている描写の方が迫力があったのは笑ってしまいましたが。
また、デフォルメされた顔やギャグ顔もとても愛嬌があり好感が持てました。変顔にしない範囲のこういうのでいいんですよ。

 
ヒロインの戦闘服である
ミニスカ ケープ 剣 姿めっちゃかっこいいわー

キャラクター 幸薄そうな年上大人ヒロインサイコー

ヒロインがめちゃくちゃ可愛いです。ビジュアルもそうですが、キャラに好感が持てますね。幸薄そうな美人ってこういう人なんだろうなーのイメージ通りのキャラクターですね。
かなり可愛らしいキャラクターですが、ヒロインっぽい性格のキャラではなく、どちらかといえば少年漫画の主人公の様な性格をしているヒロインで、結構熱血系です。
また、年上大人ヒロインってのも珍しくていいですねー。こういうタイプのヒロインは同い年か、サブヒロインである場合が多いですから。恋愛展開に発展しないのか気になってしまいます。
ただ、1話では非常にヒロインの色が濃かったので、少し主人公が薄味になっているのが気になりますね。今後の展開に期待です。

 
少年主人公と大人ヒロインの絡みにめっちゃ期待

セリフ 主人公が言いそうなセリフをヒロインが!!

ヒロインの性格やノリがセリフに反映されていますね。
「こまけーことは気にしない」
「私はねェ出世したいんだよ」
「違わねーだろ」
「ヨソ見してんじゃねーぞコラ」
などなどこんなに可愛いヒロインの口から出たとは思えない様なセリフがたくさん。
かと思えば「大人が子供置いて逃げるわけないでしょ」とカッコイイセリフも登場します。
所々作者さんがこだわってそうな言い回しがいいですねー。説明されなくとも、ヒロインの性格や為人が見えてきます。

 
ちょっと男勝りなヒロイン
イイね

設定 1話から結構多くの謎がある

まだ、1話なのでそれほど多くの設定が披露されたわけではありませんが、妖怪の様な存在(耄霊)が15年前急に出てきたみたいな設定に違和感を覚えますね。
この耄霊と呼ばれる存在は、人間の負の感情が積み重なって生まれるそうで、そうなるともっと昔から存在しても良さそうに感じます。
また、そういった場合特殊組織が新設されたのも違和感がありますね。定番ですが、本来なら昔から秘密裏にそういった存在を狩っていた組織とかありそうですよね。15年前急に知られた理由やエピソードがあるのでしょうか。気になってしまいます。
この物語では、主人公が自分の手を耄霊の手に変えて戦っているのですが、そうなると、タイトルにある六番ってのに謎が隠されていそうですよね。何かの研究の成果なのか、主人公の負の感情が漏れ出した結果なのか、耄霊に憑かれているのか……。うーん気になります。

 
これからの展開で一番から五番も出てきそう

まとめ 超期待の作品 

『獣の六番』は戦うヒロインが好きな読者にオススメの作品になります。第1話から面白い作品なので、是非読んでみてください。

それにしても、最近のマガジンは勢いが凄いですよね。
近頃連載を開始した『カッコウの許嫁』『カノジョも彼女』『トーキョーバベル』『シャングリラ・フロンティア』『魔女に捧げるトリック』の全部が面白いです。これなら減っていた発行部数が増えていきそうな感じしますね。

 
最近の新連載は、ジャンプよりマガジンの方が好きかも
最新情報をチェックしよう!