マンガ読者、アニメ視聴者を応援するサイトです。各種おすすめマンガ、アニメ情報をお届けします。あなたにあった作品を見つけませんか?

イキリ主人公の強すぎる発言10連発【魔王学院の不適合者】その2

画像引用元:アニメ公式サイトより

2020年夏、最高にイキリ散らかしている主人公アノスのセリフ第2弾をまとめてみました。(後半7話~13話)
人によってはカラダが痒くなる様なイキリ発言を厳選したので、是非、確認してください。

イキリ主人公の強すぎる発言10連発 その1

今、作った 7話より

画像引用元:アニメ公式サイトより

そんな用途の限定された魔法があるんだと感心したキャラクターに主人公が告げたセリフ。
短いセリフながらも、そこに秘められたイキリ度はかなり高いです。即席で有用な魔法を作ることは俺TUEEE定番ですが、主人公はそれを歯牙にもかけません。その程度の魔法ならいつでも即興で作れますが?と言わんばかり。
この世界の魔法ってそんなに簡単に作れるの?と疑問に思いますが、これは主人公だから出来たこと。最早、これくらいでは驚きません!!

エミリア、お前はいつまで皇族のつもりだ? 7話より

一見、それほどイキリ度の高いセリフには思えませんが、このシーンを知っている人には分かるイキリと煽りが合わさった究極のセリフです。
このセリフは、純血至上主義を掲げる女教師(エミリア)を殺し、蘇生させた時のものになります。
純血至上主義を掲げているわけですから、勿論エミリアは純血。そして、それを誇りに思い混血を見下していました。そこで主人公は、その行き過ぎた純血思想を罰するため、エミリアを彼女が蔑んでいた混血に生まれ変わらせたのです。しかも、何度輪廻転生しようと純血ではなく混血に生まれ変わるとう呪い付き……。
純血を誇りに思い、混血を蔑んでいた者が混血に落ちるのは、どんな気分なだったのでしょうか。
主人公が敵キャラに与える罰の中でも屈指の重さを誇る罰となっています。

躱した程度で避けられると思ったか? 8話より

画像引用元:アニメ公式サイトより

カッコイイ、カッコ良すぎる!! バトル作品なら一度は聞いてみたい、強者感溢れるイキリセリフと言えるでしょう。
これは、完全に躱したにも関わらず攻撃を受けてしまい動揺する敵キャラに、主人公が告げたセリフになります。ここに高笑い(フハハハハ)などが入っていれば完全にラスボスのそれですよね。
「躱して避けられないなんて、どうすれば回避できるんだ?」と勇者のセリフが聞こえてきそうです。まさに魔王の御業。
避けたと油断した敵が、攻撃をくらい地に這い蹲る中、悠々と近づく主人公は本当に魔王の様でした。

瞬きだ 9話より

短すぎて何のことかわからないセリフですよね。
これは、自分の攻撃が一瞬で消え「なにしやがった?」と狼狽える勇者学院の生徒に主人公が言ったセリフになります。
「瞬きするんじゃねーぞ!! すげーもん見せてやるよ」とイキリ散らかしていた勇者学院の生徒の攻撃を、わざわざ瞬きでかき消す、なんとも皮肉の効いたシーンでした。
あえて手足を動かさず対応するなんて、圧倒的な力の差を見せつけるようでシビれますねー。

どうした? こんなレベルの魔法では物足りないか? 10話より

勇者学院側が魔王学院側に恥をかかせようと画策したことを主人公が見破り、魔王学院側の魔法を見せつけた時のセリフ。
この後、主人公は勇者学院側がデモンストレーションとして披露した魔法と同じ魔法を使用。しかも、それは勇者しか使えない筈の聖なる魔法で……。さらに、勇者学院側よりも遥かに高い効果を発揮。彼らのプライドをズタズタにしました。
少しでも舐められたら、相手を最大限にコケにし、そして煽る事も忘れないイキリ主人公の鑑のような対応に視聴者もスッキリ。

なーに 待たせはせん 11話より

画像引用元:アニメ公式サイトより

湖の水に細工した事を魔王学院側に咎められた勇者学院側が「湖の水を全部抜けばいいじゃん」と煽ってきた際に、主人公が言ったセリフ。
この後、相手の言葉通りに湖の水を魔法により一瞬で蒸発させる神業を披露。無茶を有言実行するタイプのイキリセリフになります。湖の水を抜くという果てしない行為を、頓知ではなく力業で解決。これには一休さんもびっくりです。
しかも、その湖は勇者学院側にとっては神々が作った聖なる湖とのことで……。そんな湖を蒸発させてしまうなんて、イキリがテロレベルになっていますぅ。
観光資源が一瞬にして消えてしまった、勇者学院側の人々には同情してしまいそうになるシーンでした。

未来と引換にして手が届くほど、この命安くはないぞ 11話より

画像引用元:アニメ公式サイトより

命と引き換えに自爆特攻を仕掛けられた主人公のセリフ。
自爆とは、まさに最終手段。どうしても勝てない敵に、命をかけて一矢報いようとする決死の攻撃ですが、なんと主人公には全く効きませんでした。
例え命を賭けようと自分には届かないと、力の差を分からせるイキリセリフです。
また、ただ効かなかっただけでなく、このセリフを相手に告げることで、より大きな絶望感を与える所がポイントとなっています。

わからぬなら教えてやろう本物の力を 12話より

偽魔王軍との開戦時にでた主人公のセリフ。強者のみに許された完全勝利宣言のようなものですね。
強大な魔法を見せつけられても怯まない姿勢は、流石魔王軍とも言えますが、愚者の蛮行となってしまいました。まさに蹂躙の先触れのようなイキリセリフです。
そして、この後宣言通り、偽魔王軍は一瞬で制圧されてしまいます。
「制圧なんて、既定路線だよね」と言わんばかりで、シーンが切り替わったかと思えば、制圧されていました。全く、驚きの強さです。使う言葉だけじゃなく、実力も伴っている部分がこの主人公の恐ろしいところ。

根源が滅んだくらいで、俺が甦れぬと思ったか? 13話

画像引用元;アニメ公式サイトより

究極にして至高のセリフ。まさにこの作品の理不尽さを表したセリフと言えるでしょう。
このセリフは、死んだと思われていた主人公がしれっと復活したことに対して驚いた敵に告げたものになります。
ただ無敵の主人公が放ったセリフにも思えますが、このセリフのポイントは、根源が滅ぶと容易に復活できないと言ったのは主人公自身……。視聴者も読者も登場人物も、それは世界の法則だと思わされていました。しかし、自分だけは特別という最強のイキリセリフになります。

世界の法則になったぐらいで、俺が従うとでも思ったか? 13話

これは、人間の力をかき集め、世界の法則に匹敵するほど強化された敵に対してのセリフになります。
世界の法則より己の力の方が上であるという、実にこの作品の主人公らしいイキリセリフです。
本当にどうすれば、この主人公を倒すことができるのかと疑問に思ってしまうほど強いセリフですよね。こんなのゲームのラスボスに言われれば、攻略を投げてしまいますよ。力のレベルが世界に生きる登場人物ではなく、世界の創造主に匹敵するんじゃないかと疑ってしまいますね。

まとめ

『魔王学院の不適合者』はよく分からないけど、面白いアニメでしたね。
主人公の強すぎる発言には毎週笑わせてもらっていました。こんなにも名言?イキリセリフが多い作品も珍しいですよね。
他にもセリフが特徴的な作品があったらまとめていきたいと思います。

イキリ主人公の強すぎる発言10連発 その1

最新情報をチェックしよう!