マンガ読者、アニメ視聴者を応援するサイトです。各種おすすめマンガ、アニメ情報をお届けします。あなたにあった作品を見つけませんか?

絶対に飛ばせない最高のOP映像3選【2020年夏編】

画像引用元:アニメ公式サイトより

今回は音楽が主役ではなく一度は見て欲しいOP映像を厳選しました。
どのOPも作品の味物語を上手く表現している素晴らしい物ばかりなので最後まで見てください。

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 オープニング 「SPARK-AGAIN」

今期一番カッコイイOP映像は、『炎炎ノ消防隊』です。
映像の始まりから終わりまで、作品のカッコイイ部分を余すことなく表現している素晴らしいOP映像となっています。
特に、キャラクターの特徴や関係性を短い映像の中でよく表現していますね。
映像を作った人は「本当に炎炎ノ消防隊を理解しているなー」と感心してしまうほどです。OP全てがあまりにカッコイイので本当に飛ばせません。
この動画は期間限定公開なので、見ていない人は今のうちに見ることオススメします。

ポイント1 最初のインパクトが凄い  

このOP映像の一番盛り上がる部分はタイトルが表示されるまでの10秒間です。始めの炎に巻かれるシーンから重要キャラクターが火柱となって登場し、タイトルが出るまでなんて全部カッコイイです。
1期を見た人なら間違いなく「おぉー」と感動してしまうのではないでしょうか。
『炎炎ノ消防隊 弐ノ章』では、今までの展開から変わり、彼らを奪い合う話がメインになってきます。彼らが8人いて、そしてどんなキャラクターなのか、いかに重要であるか、それらを最初に登場させることで示していますね。
また、5人目は新キャラクターはシルエットで表し視聴者の期待や想像を促しているのもいいです。視聴者の心を捉える様なワクワクする映像となっています。

ポイント2 大迫力の作画!!

画像引用元:アニメ公式サイトより

やっぱりよく動く映像は見栄えが違います!!
『炎炎ノ消防隊』の特徴である炎を使った戦いを画面いっぱいに表現し、短い時間でキャラクターたちの戦い方をまとめている点なんて凄いです。
更に、今期で重要になりそうな対戦カードも出てきており「こんな戦いがどんどん起こるのかな」と期待させてくれます。
また、これもよく動く作画ならではなのですが、前のシーンのエフェクトやキャラクターが、次のシーンに繋がっていくので見ていて飽きません。
炎から別の炎へ繋がっていく見せ方キャラクターが重なって別のキャラクターになっていく見せ方には、ついつい魅入ってしまいます。

ポイント3 意味深なシーンが多数登場

OPでは、これまで全く無関係に思われていたバーンズ大隊長とジョーカーが何やら関係がありそうな描かれ方をしていました。如何にも2人に深い関係がありそうな雰囲気です
また、OPの最後にはシスターがカギになるシーンと、それに多くの手を伸ばす様子が描かれており、シスターと一柱目の姿が同じである事と相まって作品の謎を深めています。
「どういう事なんだろ」とついついOPを見ながら考察してしまいますね。

Re:ゼロから始める異世界生活 2期 オープニング 「Realize」

続いて紹介するのは、大人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』のOPです。
このOPの注目して欲しい所は、主人公スバルの心を表現している点です。OPを通して、スバルの心の動きがどうなっていくのかが本当によく表現されています。そのあまりにも真に迫った様子や、悲惨な心の状態を表した映像に釘付けとなり飛ばせません。
少しグロいので耐性がない人は注意が必要です。

ポイント1 キャラクターたちが不気味に描かれている

このOPの一番の特徴は、登場キャラクターたちがスバルの主観で描かれている部分です。
今期は、誰が味方か分からない複雑な状況になります。ループする度に味方と敵が入れ替わるキャラクターも登場し、スバルは猜疑心に苛まれることに。
その様子がOPでも描かれているわけですね。
このOPでは、信じることのできるキャラクターや思い出は明るい描写で、それ以外のキャラクターは少し影のある描写で表現されています。それによってスバルがそのキャラクターたちをどう捉えているかを示しているわけです。
そういったスバルの複雑な思いを考えている内に、最後まで見てしまうOPとなっています。

ポイント2 作品の特徴をOPでも表現している

画像引用元:アニメ公式サイトより

『Re:ゼロから始める異世界生活』最大の特徴であり、物語を盛り上げている要素である死に戻りがOPでも活用されています。
このOPでは、主人公が何度も無残に死んでいく様子や、溢れた血液が戻り傷が治っていく様子が描かれていますが、こんなの他にありませんよ。主人公が何人も死んでいく様子をOP映像にするアニメなんて。本当にこの部分は『リゼロ』らしさをよく表現していると思います。
このOPでは、これからスバルが歩む地獄の様な道のり、そのあまりの残酷さに目が離せなくなってしまうでしょう。

ポイント3 OPからいろんな事が連想できる

これは続編アニメの特権ですね。キャラクター紹介に加えて物語のターニングポイントになりそうな要素が盛り込まれています。
まず、OPの始めと最後に登場するエキドナです。OPでは、スバルから見て味方と敵キャラクターがそれぞれ登場しますが、果たしてエキドナはどちらなのでしょうか。スバルの中でエキドナの存在が大きいだけに、終始暗い背景で登場しているのが気になってしまいます。
また、逆に今まで「敵なのではないか」と思われていたサテラがスバルを励ます様なシーンもありますよね。
このシーンはどんな状況での事なのでしょうか。本当にこのOPは想像力を掻き立てられる要素が盛り沢山ですね。

ソードアート・オンライン アリシゼーション オープニング 「ANIMA」

画像引用元:アニメ公式サイトより

最後に紹介するのは『ソードアートオンライン』のOPです。
こちらのOPも『リゼロ』と同じように主人公キリトの心を表しています。ただ『リゼロ』と違うのは、キャラクターたちがキリトの心に影響を与えている様子を映像化している点でしょうか。
今までのキリトの軌跡を感じられる感慨深いOPとなっていますので、これも飛ばせませんね。
公式にOP動画が上がっていなかったので、ここで映像を紹介できませんが、非常に完成度の高いOPとなっています。まだ、放送中なので是非ゆっくりと確認してみてください。

ポイント1 エフェクトがいい演出をしている

アニメは作画だけじゃない事を教えてくれます。
このOP、実はサビまで止め絵が流れるばかりで、とても動きが少ないのです。しかし、不思議と何度見ていて飽きません。
それは、止め絵をただ流すだけではなく、多彩なエフェクトで様々な見せ方をしているからではないかと思います。
殆ど動きがない映像でも、上手くエフェクトを合わせることによって「これほど変わるのか」と驚きを隠せませんね。

ポイント2 OPが1つの物語になっている

画像引用元:アニメ公式サイトより

このOPを通して表現されているのは、キリトの心であり、その心が復活するまでの様子です。
序盤は塞ぎ込んだキリトの心に、キャラクターそれぞれの思い出が注ぎ込まれる様子が描かれており、中盤ではそれによってキリトが復活する様子が描かれています。
そして、終盤は復活したキリトが、ヒロインたちのピンチに駆けつけるという一連の物語となっているのです。
一種のネタバレとも言えるのですが、映像自体が物語の解説となっているので、毎回最後まで見てしまうOPとなっています。

ポイント3 抽象的な表現がいい

OPの始めに登場する灰色になってしまったキリトの魂を、ヒロインそれぞれの色で照らしていくシーンなんて、グッときませんか。
助けるばかりだったキリトが、ついに助けられる側になるわけです。これまで『ソードアートオンライン』を見続けてきた視聴者にとって非常に感慨深いOPとなっているのではないでしょうか。
また、ユージオのライトキューブから記憶の欠片が注がれ、キリトが復活するシーンなどは、それだけでOPを何周でできるほどいい表現だと思います。

まとめ

炎炎ノ消防隊 弐ノ章 オープニング 「SPARK-AGAIN」
Re:ゼロから始める異世界生活 2期 オープニング 「Realize」
ソードアート・オンライン アリシゼーション オープニング 「ANIMA」
以上が今期の飛ばせないOP映像となります。
今回は、どれだけ多くの事をOPで表現しているかを重要視してしまった為、2期以降の作品だけになってしまいました。しかし、中には1期でも飛ばせないOPを流しているアニメもたくさんあります。
次回があれば、そういったアニメも紹介していきたいですね。

最新情報をチェックしよう!